So-net無料ブログ作成

クレマチスの丘(その2) [日帰りご近所を散策]


ヴァンジ彫刻庭園美術館はクレマチスガーデンと一緒になった庭園美術館です。


クレマチスはオフシーズンなので咲いている花は少ないですが・・・
clema_w.jpgそれでもチラホラ咲いていました。



エントランスを抜けてすぐに迎えてくれたのが
clematis14_da.jpg
ダリア・ブラックナイト
蕾がカッコイイ〜、ダークな葉の中で開く鮮やかな黄色の花、ふっ。(←何の笑?)



ぱーっと視界が開けます。
美術館の建物としてはこの階下にあるという構造です。
c_v2.jpg
遠くに見える(はずの)箱根山麓はちょっと曇ってましたね。


作品は飛び飛びでまいります。
c_v1.jpg


c_v3.jpg
白かった御影石の敷石も風雨にさらされて、一見雪が降ったような景色にも見えます。


おぉ・・・ヴォルデモート(ハリポタ)か?
c_v13.jpg
タイムリーに映画のCM(ではありません。)


c_v4.jpg
アナタと私の間には見えない壁があるのです。


ガラスごしのちゅーを・・・?
c_v5.jpg
・・・激しくパス!



では館内へ〜♪
c_v6.jpg



いい香りがするな〜と思ったら


結婚式の準備が・・・祭壇はヴァンジの彫刻なんですね。
両側に飾られた花=カサブランカからの香りでした。
clem_vw.jpg


ミュージアムウェディングの準備・・・。




館内はフラッシュを焚かなければ撮影OKでした。



中央のムラサキ星人(勝手に命名)はなかなかイケメンなんですが、
近くで見るとヒゲ面なんですよ〜。
c_v8.jpg


庭におられるこの方もおんなじポーズです・・・。^^
c_v10.jpgc_v11.jpg
お疲れですか?帯状疱疹が出てますね・・・どうぞお大事にしてください。


c_v9.jpg


クレマチスのシーズンには彫刻の背景のポールにはたくさんの花が咲くのですが
あいにくポールだけになっちゃってます。
clematis_v7.jpg

prince_c.jpg
かろうじて咲いていたのはブラック・プリンスというクレマチス。
コレは秋らしいお花・・・普通の花よりも好きかも〜!


shikuramen.jpg
芝生にはミニシクラメン

c_cos.jpg
何だっけ?

ra_mari.jpg
いい香りがするのはレモンマリーゴールドかな?


蓮池に睡蓮が咲いていたのにはビックリ!
c_v12.jpg

clematis_g.jpg
まだまだバラもいっぱい咲いていましたよ。(写ってないんだけど)

clematis_g2.jpg
クレマチス・シルホサ
というこの小ぶりの白い花は秋から冬にかけて花咲くこれから旬のお花だそうで・・・
冬咲のクレマチスがあるってことにオドロキでした。


花の下で一休み。
ラ・フランスのジュースをちゅー。
ju.jpg
っとしていると・・・


赤とんぼ
konoshimetombo.jpg
羽の先が黒いのでアキアカネではないですね、、、
コノシメトンボっていうの?



safran.jpg
レストランの敷地にちょうどサフランがたくさん開花していました。
紅いシベを乾燥させてレストランで使うのかな〜?


出口に向かってハーブが植えられています。
clematis_g3.jpg
ゲートを抜けると


レストラン「プリマヴェーラ」
以前は日高良実さんの「マンジャ・ペッシェ」だったはずですが、いつ変わったのか?

もうクリスマス仕様ですねぇ。
clematis_r.jpg
こちらはランチもディナーもコース料理。
カップルやウェディングにターゲットを絞っているのかな〜って感じです。




ちょっと山道歩いただけなのにリンパ浮腫の左足の付け根が痛くなっちゃったのでこれにて撤収〜!
浮腫はそれほどでもなくて良かったけれど、左足は上がらなくなっちゃった。

大山ハイキングくらい出来るかなぁ?と思っていたけれど・・・
20分くらいの散策でコレでは・・・とほほ。



horensalad.jpg
赤茎ほうれんそうと蕪、シラスのサラダ
ごま油じゅー!してポン酢・スリゴマと和えました。




nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
 
 

 

 
 
ブログを作る(無料) powered by SSブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。